VMwareインフラストラクチャ向けの信頼性の高いデータ保護

ZmandaのVMwarevSphereクライアントは、仮想環境のデータ保護のパイオニアです。包括的なバックアップおよびリカバリソリューションの高い基準を設定しています。 VMware vSphereおよびESXi用のZmandaクライアントは、vStorageAPIを使用してESXiと直接通信します。そのコアの強みは、各ハイパーバイザーで無制限の数のVMを保護できることです。

簡単なライセンスで

または、営業担当者にご相談ください 888-496-2632 (米国)または 408-732-3208 (INTL)

100万
バックアップ中のサーバー

オープン監査
アマンダを通じて利用可能な監査。

Coverity Rung 2認定 
政府による使用を認証する国土安全保障基準。

簡素化された展開

VMware vSphere client is built into Zmandaバックアップアプライアンス (ZBA). It's a pre-loaded VM, licensed and configured with Amanda Enterprise to help back up all virtual machines running on the same hypervisor as the appliance. Zmanda Backup Appliance is a cost-effective alternative, versus licensing for each virtual machine in the environment.

減らす
かんたん

ブロックレベルの差分バックアップ

ZmandaのVMwareクライアントは、最後の完全バックアップ以降に変更されたブロックを追跡します。差分バックアップの実行中は、変更されたブロックのみがバックアップされます。これにより、差分バックアップが高速になり、転送および保存されるバックアップデータの量が削減されます。リカバリ中に、完全バックアップイメージが関連する差分バックアップイメージと自動的に結合されます。

効率的なバックアップストレージ

バックアップ実行の最適化は、数千台のマシンの企業全体で重要です。したがって、Zmandaでは、VMによって使用されているブロックのみがバックアップされます。 ZmandaのVMwarevSphere Clientは、VMDKの未使用のrawスペースをスキップし、バックアップイメージのサイズを大幅に削減し、バックアップ実行の効率を向上させます。

信頼性のある
フレキシブル

データ保護における最適な柔軟性

ハイブリッドクラウドアーキテクチャ:オンプレミスプロバイダーとクラウドプロバイダー間で実行されるバックアップのバランスをとるのは複雑であってはなりません。 Zmandaは、すべての構成が単一のコンソールからシームレスに管理されることを保証します。

プロキシサーバーは必要ありません:一部のソリューションで必要な別のプロキシサーバーを必要とせずに、VMがAmandaバックアップサーバーに直接バックアップされます。

私たちの強み

VMのホットバックアップ
VMのバックアップはスナップショットを使用して実行され、アプリケーションのダウンタイムが発生しないようにします。

エージェントレスのバックアップとリカバリ
ESXiまたはVMにソフトウェアをインストールする必要はありません。ただし、特定のディレクトリとアプリケーションのバックアップとリカバリを支援するために、ZmandaエージェントをVM内にインストールできます。

完全な画像レベルのバックアップ
VM全体が、復元に自給自足のイメージにバックアップされます。リカバリプロセス中にOSを再インストールして再構成する必要はありません。

エンドツーエンドの復元
VMは、元のESXiサーバーまたは別のESXiサーバーに完全に回復して、障害回復プロセスを支援することができます。

VMディスクの選択的復元
必要なディスクだけ、またはVM構成だけをリカバリします。回復目標を支援するために組み込まれた柔軟性。

完全なバックアップ管理機能
Amanda Enterpriseのすべての機能(圧縮、暗号化、保持ポリシー制御、監視、レポート)をVMバックアップで活用します。

特徴

データ保護の合理化

01

簡単インストール

Zmanda VMwarevSphereクライアントをZmandaへのアドオンとして簡単にインストールできます。個別のソフトウェアは必要ありません。 Zmandaネットワークで利用可能な最新のZmandaVMwareパッチをインストールするだけです。

02

暗号化と圧縮

バックアップされたデータの暗号化と圧縮は、Amandaサーバーで実行されます。このプロセスにより、クライアントのCPUとメモリのリソースが大幅に節約されます。

03

スケジュールされたバックアップ

Zmanda管理コンソールを使用して、VMwareサーバーのバックアップをスケジュールできます。ゲストVMのバックアップは、ゲストVMに関連付けられているディスクのスナップショットを作成することによって実行されます。

お客様の声

私たちは最も安定したディザスタリカバリソリューションの作成に心を注ぎ、お客様は私たちのコミットメントを証言します。

Zmandaはエンドツーエンドのデータ整合性と簡単なストレージを保証します...それらは私たちの問題の修正を提供し、毎回非常に迅速に対応します。

AllegroのインフラストラクチャおよびITオペレーションディレクター、Marcin Mazurek氏

安定したシステムを常に更新しています。よく寝ます。

VDPフォンデリアのICTマネージャー、レオナルドコラート

あなたが少し技術的である限り、Amanda Enterprise以外の製品を使用する理由は何もありません。

シュライバーメディカルの最高情報セキュリティ責任者、Johan Hybinette氏

よくある質問

A virtual machine consumes memory only while it is running. To start a virtual machine, the computer must have enough physical memory available to provide the virtual machine with the amount of memory specified for the virtual machine. If there is not enough available physical memory, the virtual machine will not start. If you have multiple virtual machines and want to run them at the same time, there must be enough physical memory available to provide each virtual machine with the amount of memory that is specified for it.

Hence, whether or not a virtual machine requires less or more memory depends on:

  • Size of the Guest operating system.

  • Memory requirements of the applications that you are planning to run in the virtual machine.

vSphere is VMware's cloud virtualization platform capable of running full-scale virtual machines and Kubernetes instances for scalable cloud-hosted applications. vSphere is a popular data center virtualization platform in the industry. Zmanda helps enterprises achieve VMware vSphere backup solutions and objectives - even during major IT outages. IT teams can expect robust VM backup strategies. Zmanda is a powerful backup and recovery offering for a price less than you would expect.

The VMware snapshot feature is particularly useful in those scenarios where you want to quickly recover from a failure or simply revert back to a desired state. Restoring a VM to a functional state following a botched update or patch is one common use-case. Similarly, you can use snapshots to reset a VM back to a baseline state once a user is done using it, perhaps as part of a training lab maintenance regimen. The snapshot feature is available on both standalone ESXi hosts and vCenter Server.

 Amanda Enterprise allows you to backup VMware VM snapshots from ESX or Vcenter to various media supported by Amanda. The backups are performed in a file system consistent manner.  These backups can be used for restoration of guest VMs running on the ESX server and can be restored to alternate ESX server. The VMware is backed up using VMware Virtual Disk APIs (vStorage APIs).

VMware consolidated backups and incremental backups are supported. The incremental backups contain only the changed data blocks in the virtual machine.

We recommend using Amanda client to backup files from guest VM if file level backup of VMs is needed.

We currently support VMware vSphere 4, 5, 6, 6.5. For more detailed list of the supported OS - please refer 互換性マトリックス。

ITがデモ環境でZmandaをテストできるようにするために、完全にライセンスされたバージョンのZmandaを14日間提供します。記入してください 無料トライアルフォーム、そして私たちの営業チームがあなたが始めるのを手伝います。

開始する準備はできましたか?

最高のバックアップソリューションの作成に情熱を注ぐエンジニアによって開発されました。

100万
バックアップ中のサーバー

オープン監査
アマンダを通じて利用可能な監査。