MySQLバイナリログを必要な期間だけ保持する(ZRM)

  • この記事は Zmanda Recovery Manager For MySQL(ZRM)
  • 情報タイプ:ヒント

情報の説明:

ZRM for MySQLでは、増分バックアップを実行するために、MySQLサーバーでバイナリログが有効になっている必要があります。バイナリロギングはMySQLのパフォーマンスへの影響は最小限ですが、アクティブなデータベースでは、ログは数百ギガバイトまたはテラバイトにまで増大する可能性があります。

ZRM for MySQLには複数のプラグインインターフェイスがあり、サイトの要件に応じてバックアップおよびリカバリプロセスをカスタマイズします。プラグインインターフェイスの1つは、ポストバックアッププラグインです。バックアップ後にログは不要になるため、バックアップ後プラグインは、バックアップ後にバイナリログをパージできます。

古いバイナリログを消去する次のコマンドは、ZRM for MySQLのデフォルトのバックアップ後プラグインに追加できます。

mysql -uroot -ppasswd -e「date_sub(now()、間隔1日)の前にマスターログをパージします。」

別のオプションは、「expire_log_days」MySQLサーバーパラメータを設定することです。 expire_log_daysのデフォルト値は、ログをパージしないでパージすることです。これをある数に設定することで、MySQLサーバーにログのクリーンアップを処理させることができます。

注意:マスターサーバーでバックアップを実行している場合、ユーザーはマスターレプリケーションサーバーでバイナリログをパージする際に注意する必要があります。スレーブがサーバーより1日以上遅れている場合、バイナリログの消去によりレプリケーションが失敗します。

jaJapanese
en_USEnglish fr_FRFrench it_ITItalian es_ESSpanish de_DEGerman pt_BRPortuguese sv_SESwedish tr_TRTurkish nl_NLDutch pl_PLPolish zh_TWChinese id_IDIndonesian ko_KRKorean ms_MYMalay thThai jaJapanese