Windowsクライアント:エラーコード260を返す

  • この記事は アマンダエンタープライズ(AE) 
  • 詳細情報へのリンク:

症状

“ C:/” lev 0 FAILED [戻りエラーコード260]

このメッセージは、Amandaエンタープライズレポートサマリとバックアップ通知メールに表示されます。

トラブルシューティングのヒント

Zmanda Windowsクライアント(ZWC)から返されるこのエラーコードは、バックアップに失敗したファイルの量が多すぎることを示しています。デフォルトでは、100個を超えるファイルのバックアップに失敗した場合、またはバックアップに含まれているファイルの100個未満のうち、半分がバックアップに失敗した場合、ZWCはバックアップに失敗します。

ZWCサービスが「ドメイン全体」として実行されている場合 アマンダバックアップ」ユーザー、ユーザーには正しい権限がない可能性があります。これは、Debugフォルダーに現在のログがないことから明らかです。見てください amandabackupドメインユーザーを作成して使用する方法 詳細については。

これが発生するもう1つの理由は、バックアップされるボリュームのスナップショットを作成できなかったためです。スナップショットが正常に作成されたかどうかを確認するには、ZWCログファイルで「zwcCreateSnapshot」に一致する最新のログエントリを検索します。 \ Debug \ LogFile、デフォルトでは、

C:\ Program Files \ Zmanda \ Zmanda Client for Windows \ Debug \ LogFile.txt

このファイルでそのような行が見つからない場合は、最新の最高の番号で始まる古いローテーションされたログのいずれかで検索します LogFile#.txt ファイルと最も古いものにさかのぼって作業 LogFile1.txt ファイル。 「zwcCreateSnapshot」の最新の一致に近い場合:

  • CZWCJobHandler:スナップショットの作成に失敗しました
    これは、スナップショットの作成が失敗したことを示しています。スナップショットの作成の失敗に関するログファイルのコードおよびその他の情報を参照して、失敗の理由を特定してください。また、アプリケーションイベントログでVSSエラーを確認することも役立ちます。
  • CZWCJobHandler:zwcSnapCreateSnapshot 0
    これは、スナップショットが正常に作成されたことを示しています。この場合、エラー260が発生するのは、スナップショットが成功したにもかかわらず、バックアップに失敗したファイルが多すぎる可能性があります。

    ログファイル BackupErrors_DLEName_level.txt 同じで デバッグ ディレクトリには、バックアップの失敗に関する詳細情報が含まれています。

    100失敗したファイルの数が制限的すぎると判断された場合は、次のレジストリキーを編集して変更できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE =>ソフトウェア=> Zmanda => ZWC => 1.0 =>エンジン=> FailedFileCount

さらにサポートが必要な場合は、Zmandaサポートチームに連絡し、Zmanda WindowsクライアントおよびAmandaサーバーからのログを含めてください。

WindowsシステムからZWCログを収集する方法

AEサーバーのサポートスクリプトを実行する方法

jaJapanese