ブログ

SQL Serverのほぼ継続的なデータ保護(CDP)

With version 4.5, ZCB now supports incremental (log-based) backups of SQL Server. This helps a great deal since log backups contain a list of all the individual changes to the database, and hence, provide an ability to restore the database to どれか 実際のバックアップ時間に関係なく、履歴タイムスタンプ。

なぜこれを呼ぶのか 近く-CDPではなくCDP?ログバックアップは、変更イベントごとに自動的に起動されず、「スケジュールベース」のままであることに注意してください。これにより、CPU /メモリ/帯域幅リソースのバックアップオーバーヘッドが最小化されますが、タイムスタンプにのみ復元できることも意味します  ログのバックアップが正常に行われました。ただし、ログバックアップの頻度を常に高く(たとえば、「15分ごと」など)して、必要に応じて実際のCDPシステムに近づけることができることに注意してください。

ここに指定する方法があります どれか 復元の時点:

While we’re discussing SQL Server backups, there is some more good news:  ZCB now performs Virtual Device Interface (VDI) based differential backups that can be かなり more compact and efficient than our earlier VSS based differential backups!

これらの改善を実際に見るには Zmandaアカウントにログイン から最新の4.5バージョンをダウンロードします ダウンロード タブ!

返信を残す

jaJapanese
en_USEnglish fr_FRFrench it_ITItalian es_ESSpanish de_DEGerman pt_BRPortuguese sv_SESwedish tr_TRTurkish nl_NLDutch pl_PLPolish zh_TWChinese id_IDIndonesian ko_KRKorean ms_MYMalay thThai jaJapanese