ブログ

クイックバックアップガイド

アマンダ- an open source backup and recovery solution that stores all your important, encrypted and compressed backups on local storage and remote file servers. Amanda is designed to back up a large amount of data on servers and workstations running on multiple versions of Linux/ Unix and Windows.

このユーザーガイドを確認して、バックアップにAmandaを使用してください。

1.アマンダを使用してバックアップを取る

1.1 UNLOCK THE AMANDABACKUP USER

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてサーバーにログイン/ ssh
  2. 「passwd -u amandabackup」を使用してamandabackupユーザーのロックを解除します
  3. 「passwd amandabackup」を使用してamanddabackupユーザーにパスワードを割り当てます
  4. サーバーのログアウト

1.2 ADD A BACKUP SET

  1. / sshをamandabackupユーザーとしてサーバーにログインします。
  2. 'mkdir / etc / amanda / DailySet1'を使用してAmanda設定用のディレクトリを作成します
  3. '/var/lib/amanda/example/amanda.conf'にあるサンプル設定ファイルを '/ etc / amanda / DailySet1'に 'cp /var/lib/amanda/example/amanda.conf / etc / amanda /を使用してコピーしますDailySet1 '
  4. 「vi / etc / amanda / DailySet1 / amanda.conf」を使用して「/etc/amanda/DailySet1/amanda.conf」を開きます
  5. 次の行を追加して、仮想テープのサイズを指定します。
    tapetype HARDDISK {
    length 100000 mbytes    #size of the harddisk  is 100000mbytes
    }
  6. Scroll to the ‘define dumptype global’ section in the file and add the       line ‘auth bsdtcp’ line before the closing bracket
  7. ファイルを保存して閉じます
  8. サーバーのログアウト

1.3 CREATE A HOLDING DISK

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてサーバーにログイン/ ssh
  2. 「mkdir -p / dumps / amanda」を使用して、保持ディスクとして使用するキャッシュディレクトリを作成します
  3. 「chown amandabackup:disk / dumps / amanda」を使用して、保持ディスクの所有権を変更します
  4. 「chmod 750 / dumps / amanda」を使用して、保持ディスクに適切な権限を設定します
  5. サーバーのログアウト

1.4 CREATE AND CONFIGURE THE VIRTUAL TAPES

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてサーバーにログイン/ ssh
  2. 'mkdir -p / var / amanda / vtapes'を使用してvtapesのディレクトリを作成します
  3. 'chown amandabackup:disk / var / amanda / vtapes'を使用してvtapesの所有権を変更します
  4. 「chmod 755 / var / amanda / vtapes」を使用して適切な権限を設定します
  5. 「vi /etc/amanda/DailySet1/amanda.conf」を使用してviで「/etc/amanda/DailySet1/amanda.conf」を開きます
  6. 行 'tapedev“ file:…”を削除します
  7. 「tapedev“ chg-disk:/ var / amanda / vtapes”」という行を追加します
  8. ファイルを保存して閉じます
  9. サーバーのログアウト
  10. amandabackupユーザーとしてサーバーにログイン/ ssh
  11. 「cd / var / amanda / vtapes」を使用してディレクトリを変更します
  12. 'for((i = 1; $i <= 25; i ++));を使用してvtapeのスロットを作成します。 mkdir slot$iを実行します。 amlabel DailySet1 DailySet1-$iスロット$i;完了
  13. サーバーのログアウト

1.5 CONFIGURE THE BACKUP SET

  1. amandabackupユーザーとしてサーバーにログイン/ ssh
  2. 「vi / etc / amanda / DailySet1 / disklist」を使用して、バックアップするディレクトリのリストを保存するファイルを作成します
  3. ディレクトリごとに1行を追加して、次の形式でバックアップします
    IP_address_of_the_client directory_to_backup comp-user-tar
  4. ファイルを保存して閉じます
  5. 「vi /var/lib/amanda/.amandahosts」を使用してviで「/var/lib/amanda/.amandahosts」を開きます
  6. 次の形式でクライアントごとに1行を追加します
    IP_address_of_the_client amandabackup amdump
  7. コマンド「/ usr / sbin / amdump DailySet1」を実行するcronジョブを作成します。
  8. サーバーのログアウト

1.6 VERIFY THE BACKUP CONFIGURATION

  1. amandabackupユーザーとしてサーバーにログイン/ ssh
  2. 'amcheck DailySet1'を使用してamcheckツールを実行します。 「amcheck」を実行するとJSONのコンパイルエラーが発生する場合は、perl-JSONをアンインストールしてから、perl-JSONを再インストールします。
  3. サーバーのログアウト

1.7 RUN A BACKUP

  1. amandabackupが使用するサーバーへのログイン/ ssh
  2. amdumpを実行し、「amdump DailySet1」を使用してDailySet1を開始します。
  3. 「amadmin DailySet1 find」を使用してツールamadminを実行します
  4. サーバーのログアウト

結論

Amandaは、初心者ユーザーにとってもアクセス可能で使いやすいように設計されています。
すべてのデータ保護の課題を解決するワンストップソリューション。
始めましょう!今すぐインストールしないでください!

返信を残す

jaJapanese
en_USEnglish fr_FRFrench it_ITItalian es_ESSpanish de_DEGerman pt_BRPortuguese sv_SESwedish tr_TRTurkish nl_NLDutch pl_PLPolish zh_TWChinese id_IDIndonesian ko_KRKorean ms_MYMalay thThai jaJapanese