ブログ

Zmanda 3.6の新しいリリース。信頼性の高いバックアップシステム

In the last few months, our development team has been hard at work building the new release of Zmanda 3.6. We are incredibly excited to be sharing this with you!

新しく追加された機能により、バックアップがこれまでになく簡単で信頼性の高いものになっています。

Zmanda 3.6の新機能と拡張機能には、次のものがあります。

  1. Zmandaバックアップアプライアンス CentOS 7にアップグレード
  2. を使用した操作イメージ アマンダエンタープライズ 試用可能なセットアップ
  3. メモリリークを回避するために改善されたZmanda Windowsクライアント
  4. レポートを読みやすくしました
  5. バックアップが完了すると、ドライブからテープを自動的に取り出す機能

このバージョンで際立っている機能は次のとおりです。

  1. お客様は、受け取りたい通知のタイプを選択できるようになりました。
  2. Enhancements to the scheduling system have been made, where customers can choose the days when they want an incremental/ full backup.

バグの修正:

欠陥修正

このリリースは、Amanda Enterpriseの不具合修正で構成されていますが、これに限定されません。

  1. 構成の更新が簡単に: これで、顧客はYAMLファイルの自動ラベルプロパティを更新できます。これにより、Amanda設定ファイルが上書きされることなく適切な形式で更新されます。
  2. より読みやすいレポート: レポートセクションのカスタムページが拡張され、以前は空であったバックアップ期間がhh:mm:ss形式で表示されるようになりました。
  3. 改ページの問題を修正: テープバックアップのバックアップ->メディアページのページネーションの問題が解決されました。
  4. カスタムアルゴリズムを使用した復元の成功: カスタムサーバー側の復元が成功しました。
  5. 「いいえ」の大文字: [管理]-> [ユーザーの作成]タブでユーザーを作成する場合、大文字は許可されませんでした。
  6. カスタム暗号化復元: カスタム暗号化アルゴリズムを使用した復元が失敗する問題が修正されました。
  7. Windowsマシンの暗号化: Windowsバックアップのカスタムサーバー側暗号化を使用した復元が失敗しました。
  8. Windowsクライアント用に修正されたパスワードの変更: サービスのパスワードを変更した後、Zmanda Windowsクライアントサービスの再起動が失敗していました。
  9. Windows用に修正されたレポート生成: Windows DLEレポートは表示されませんでした。
  10. レポートページで欠落データの問題が修正されました: 以前は、バックアップ期間フィールドにデータが入力されていませんでした。
  11. NDMPバックアップを目的としたDLE名は空白をサポートしています。 NDMP DLE名に空白が含まれていると、NDMPバックアップがクラッシュしました。
  12. テープメディア用に修正されたオプション: テープメディアのアーカイブ、リサイクル、およびドロップが失敗していました。
  13. 復元用に修正されたWindowsレベル1バックアップ: Windowsアプリケーションの復元中に、レベル1のバックアップメディアが認識されませんでした。
  14. 修正されたテープドライブのリスト: テープドライブはにリストされていませんでした バックアップ->場所 テープがドライブにロードされていない場合のページ。

セキュリティ修正

セキュリティの欠陥を防ぐため、Amanda Enterprise 3.6からAdvancedタブが削除されました。

で修正されたセキュリティの問題を見てみましょう アマンダコミュニティ このリリースの場合:

  1. CVE-2016-10729の問題のパッチは、WHITELISTアプローチを使用してruntarのtar引数をフィルターしました。同時に、amgtar、amstar、およびambsdtarに対してオプションのフィルター処理の実装が行われました。しかし、それらの変更はブラックリストのアプローチを使用して行われました。したがって、amgtarアプリケーションのオプション「-F」を使用して、rootユーザーのみが許可する必要のあるデータを取得できます。同様の問題がamstarアプリケーションにも存在しました。
    • amgtarおよびamstarのWHITELISTオプションをフィルターするために追加された修正
    • WHITELISTアプローチでスター引数をフィルタリングしました。
    • WHITELISTアプローチによるフィルターされたダンプおよびxfsdump引数。
  2. 「rundump」アプリケーションでセキュリティ問題を悪用するために同じアプローチが取られました。「rundump」アプリケーションはオプションのフィルタリングを実行していませんでした。
    • WHITELISTアプローチでフィルターコマンド引数に修正が追加されました。
  3. getopt()を使用してコマンドオプションを確認すると、コマンド引数が最後に指定されている場合、ブラックリストオプションを確認できませんでした。例えば:
    • 以下のコマンドでは、「-F」はブラックリストに登録されたオプションです。ただし、以下で指定されているようなコマンドオプションを指定しても、オプションはフィルタリングされませんでした。

/ usr / lib / amanda / rundump NOCONFIG xfsdump -0f / dev / null / sys -F「エコーテスト」

前述のようにコマンドが提供されたとき、それは正常に機能していました:

/ usr / lib / amanda / rundump NOCONFIG xfsdump -0f / dev / null -F「エコーテスト」/ sys

 

新着情報を見る

 

製品から最高のパフォーマンスを得るには、今すぐアップグレードしてください。

また、必ずチェックしてください 不可解なデータのバックアップとリカバリの計画が必要な5つの理由

返信を残す

jaJapanese