ブログ

従来のデータバックアップおよび障害復旧ソリューションの上位6つの課題

企業は収益と利益を生み出すためのレバレッジポイントとして何を使用していると思いますか?それは データ。企業は現在、高度なデータ分析を使用して、革新的な製品やサービスを市場に投入し、運用を改善し、正しい情報に基づいてより適切な意思決定を行っています。つまり、データは「ハートビート」企業向け。したがって、なぜ彼らがそれを腐敗や損失から保護するために多大な努力をするのかは理解できます。

Historically, companies adopted traditional data protection solutions, but with the tremendous growth of data, the ability to protect that data and ensuring a clean recovery for access during a recovery has become more and more dubious.

バックアップおよび災害対策の最新化に失敗すると、多くの企業に数百万ドルのコストがかかります。実際、2015年の「 EMC 提案した データ損失とダウンタイムのコストは毎年合計$1.7兆 (実質コスト)。データはデジタル化されているため、時間の経過とともにその数は増加すると予想されます。彼らが直面している深刻な問題のいくつかを見てみましょう:

1.磁気メディアの破損と暴露

Concerns arise for data integrity for the companies who are still deploying tape backups. Data backup tapes are built with magnetic media, which is extremely vulnerable to corruption and exposure. With data backup tapes, data is usually saved to the magnetic media and any exposure to a fingerprint or getting too close to a magnetized area, leads the data on the tape unusable, and you will only know about the corruption when you try to restore and find it isn’t there. There seems to be a significant failure rate on magnetic media, but still, people assume the data that is stored on their tapes is safe and sound.

2.能力計画

データの増加は予測不可能です!今日でも、多くの組織はアーカイブに必要なデータ量の増加を予測できず、結果として容量の少ないデータバックアップシステムを使用することになります。つまり、これは初期の資本支出を上回る新しい投資につながります。

3.バックアップのバックアップ

自然災害やビジネスの混乱が発生するのは明らかです。大規模な災害、特に地域全体に影響を与える災害が発生した場合、データは安全で、何マイルも離れたオフサイトのストレージ施設に保存されます。数時間でバックアップテープを取り戻す可能性は高いですが、それらのテープからデータを復元できますか?災害時にバックアップユニット自体が破損または損傷した場合は、テープを復元する前に、交換用ユニットを見つける必要があります。しかし、多くの場合、災害後、互換性のあるバックアップユニットを入手することは非常に困難または不可能です。

4.災害復旧の課題

Today, data protection being a high concern for today’s enterprises, businesses need to think about more than local backup and recovery, which is “災害からの回復.” When it comes to traditional backup disaster recovery solution, it limits a business’s ability to focus on disaster recovery due to the complexity and time it takes to restore data. As a result, businesses will employ less reliable disaster recovery plans and will face a greater risk in the event of a disaster.

5.限られたクラウドの使用

長期保存とデータ保護について話すとき、 クラウドは新しい通常です!  しかし、クラウドを採用しようと思わなかった従来のバックアップインフラストラクチャで立ち往生している企業もあります。これにより、最新のテクノロジーの使用が短縮され、データ復元の再編成時間が長くなりました。

6.回復が遅い

従来の復旧時間は数日から数週間の範囲であり、データセンターの最新の既知の状態を復元するには、基本オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェア全体の面倒なインストールによって、各サーバーノードを再起動する必要があります。すべてのアップデートとパッチを含みます。さらに、VLAN、VPN、DNS、ファイアウォールルールなど、元の設定に合わせてネットワーク構成全体を復元する必要があります。

これをすべて実行した後、実際のバックアップを、すべてのユーザーアカウント、データベース、ドキュメント、およびその他の要素を最新の状態で含めて、段階的または一度にロードできます。場合によっては、最後のバックアップが数日または数週間前に行われた場合、リカバリは長く時間のかかるプロセスになる可能性があります。 EMCによると、「ダウンタイムの1時間ごとに、組織は数千ドルを失う傾向があります。平均して、企業は25時間の予期しないダウンタイムを経験しました。 そのうち36%が収益の損失を報告 そして 製品開発における34%レポートの遅延 中断による」(ダウンタイムとデータ損失)。

データを保護することはお金を保護することと同じです。緊急時に簡単にアクセスできる安全な場所に保管する必要があります。お金の安全な場所は銀行であり、同様にデータの場合はクラウド内にあることを私たちは知っています。クラウドバックアップおよびDRソリューションは、従来のバックアップソリューションよりも信頼性が高く、高速で安全です。 Zmanda は、ファイル、サーバー、データセンター全体を保護する、バックアップと災害復旧のためのオールインワンソリューションです。この最新のソリューションは、データ損失、ダウンタイム、またはリスク軽減に対する許容度が非常に低い企業向けに設計されています。

必ずチェックしてください 災害復旧計画に含めるポイント

参照:

 

データ損失の実際のコストとそれを防ぐ方法。 (2017年5月24日)。から取得 http://techgenix.com/real-cost-data-loss-and-how-prevent-it/

 

ダウンタイムとデータ損失のコスト企業$ 1年あたり1.7兆:EMC。 (nd)。から取得 https://www.securityweek.com/downtime-and-data-loss-cost-enterprises-17-trillion-year

返信を残す

jaJapanese