CIFSファイルシステム

CIFSアーキテクチャは、ネットワーク上のシステム間でバックアップファイルへの共有アクセスを支援します。 Zmandaが読み取り、書き込み、編集を管理し、ファイルサーバー上のバックアップセットへのアクセスを削除することさえできるクライアントサーバーアーキテクチャを使用することにより、通信を簡素化します。 CIFSファイルシステムを使用すると、バックアップの管理はシンプルでスケーラブルです。

簡単なライセンスで

または、営業担当者にご相談ください 888-496-2632 (米国)または 408-732-3208 (INTL)

100万
バックアップ中のサーバー。

オープン監査
アマンダを通じて利用可能な監査。

「シンプルさが私たちのすべての中心です。企業のIT部門は、CIFSプロトコルで実行されている既存のファイルサーバーを簡単に使用できるため、既存のリソースのプロビジョニングを改善できます。Zmandaを使用すると、IT部門はファイルシステムを使用して最も信頼性の高い災害復旧計画を柔軟に設計できます。特定のユースケース向けに、Zmandaがカバーする快適さを備えています。」

コンソール

シームレスなZMC統合

Zmandaは、統合の複雑さの多くを処理し、システム管理者が必要とするオーバーヘッドと継続的な労力を最小限に抑えます。また、費用効果の高いテープストレージから最新のクラウドプロバイダーに至るまで、さまざまなバックアップメディアをサポートしています。

主な特徴

心配することなくスケールアップ
小規模なものから始めて、従量課金制のサブスクリプションで中断を伴うアップグレードなしで効率的に成長します。

シンプルなグローバル管理
使いやすいUIにより、データ復旧とグローバルバックアップ管理で必要なアクションをすぐに実行できます。

リアルタイム最適化
Zmandaスケジューラーは、複数のクライアントにわたるバックアップ実行を最適化して、ネットワークおよびハードウェアリソースを可能な限り効率的に使用します。

ハイブリッドクラウドバックアップ
Seamlessly integrate with Amazon Web Services, Google Cloud Platform, Microsoft Azure, and many more cloud platforms.

CIFSバックアップ
ファイアウォールを介して接続すると、Zmandaを介して複数のWindowsマシンを簡単にバックアップできます。復元は、Sambaを介して選択した宛先にルーティングされます。

ヴォールティング
コンプライアンスと費用対効果の理由から、ボールトの目的でレガシーテープを簡単に割り当てることができます。

特徴

どのようにあなたに利益をもたらしますか?

01

シンプルで柔軟なバックアップ

GNU-tarやstarなどの業界標準のデータ形式を使用した完全およびマルチレベルの増分バックアップをサポートします。

02

クロスプラットフォームの復元

バックアップから別のオペレーティングシステムのホストにデータを復元できます。これにより、災害復旧プロセスが簡素化されます。

03

スパースファイルの管理

スパースファイルを使用してバックアップの実行を最適化します。スパースファイルには、メタデータに格納できる空のバイトが含まれており、バックアップサイズの削減に役立ちます。

04

暗号化

Zmandaを使用すると、データにアクセスできないはずの誰かがデータにアクセスしないようにすることができます。

05

圧縮

バックアップのサイズが重要です。したがって、業界標準の圧縮アルゴリズムを使用し、ベンダーのロックインも防止します。

06

ハイブリッドクラウドアーキテクチャ

複数のクラウドプロバイダー間でワークロードのバランスを取ることは複雑であってはなりません。 Zmandaは、すべての構成を単一のコンソールからシームレスに管理できることを保証します。

お客様の声

私たちは最も信頼性の高いバックアップソリューションの作成に心を注ぎ、お客様は私たちのコミットメントを証言します。

Zmandaはエンドツーエンドのデータ整合性と簡単なストレージを保証します...それらは私たちの問題の修正を提供し、毎回非常に迅速に対応します。

AllegroのインフラストラクチャおよびITオペレーションディレクター、Marcin Mazurek氏

安定したシステムを常に更新しています。よく寝ます。

VDPフォンデリアのICTマネージャー、レオナルドコラート

あなたが少し技術的である限り、Amanda Enterprise以外の製品を使用する理由は何もありません。

シュライバーメディカルの最高情報セキュリティ責任者、Johan Hybinette氏

よくある質問

Common Internet File System is, as its name already says, a specification for a file access protocol designed for the internet. CIFS allows the sharing of directories, files, printers etc across a network, and the related administration of it (protocol for service announcements, naming, authentication and authorization)
CIFS is based on the existing SMB protocol. With CIFS, any naming conventions that are tied into SMB have been separated to allow use of any chosen standard (e.g. DNS). The intention is, that to make implementations on "all" platforms and not to replace existing file access protocols such as HTTP, FTP and NFS, but to complement them.

These are the benefits of using CIFS:

  • CIFS allows multiple clients to access and update the same file, while preventing conflicts with sophisticated file-sharing and locking semantics.
  • CIFS supports fault tolerance in the face of network and server failures. CIFS clients can automatically restore connections and reopen files that were open prior to interruption.
  • The CIFS protocol has been tuned to run well over slow-speed dial-up lines. It optimizes for slow links.
  • CIFS servers support both anonymous transfers and secure, authenticated access to named files. File and directory security policies are easy to administer.
  • The performance of CIFS servers is unequaled among network file systems. CIFS servers are highly integrated with the operating system, tuned for maximum system performance, and easy to administer.

CIFSアーキテクチャは、ネットワーク上のシステム間でバックアップファイルへの共有アクセスを支援します。 Zmandaが読み取り、書き込み、編集を管理し、ファイルサーバー上のバックアップセットへのアクセスを削除することさえできるクライアントサーバーアーキテクチャを使用することにより、通信を簡素化します。 CIFSファイルシステムを使用すると、バックアップの管理はシンプルでスケーラブルです。

Common Internet Filesystem (CIFS) is useful for backing up file system types (such as Netware servers) that that do not support Amanda Enterprise clients, or for when you do not wish to install the Zmanda client software on the system being backed up.

Like other file system backups, CIFS-based backup lets you specify files to exclude, and whether to enable encryption and compression. CIFS-based backup does not support backing up extended file attributes.

CIFS restores are performed as RAW restores. The file system is restored to a tar file in the destination directory specified on the Restore Where page. You can then manually extract files from the tar

Zmanda helps enterprises achieve CIFS backups and objectives - even during major IT outages. IT teams can expect robust CIFS backup strategies. Zmanda is a powerful backup and recovery offering for a price less than you would expect.

  • It is the World’s leading provider of enterprise open source backup and recovery products. We have a legacy of protecting enterprise data.  

  •  Zmanda also offers seamless enterprise backups for Hybrid cloud environment. Zmanda ensures that all critical workloads such as servers, databases, application, and VMs across hybrid cloud resources are protected against security breaches and accidental errors.

  • Zmanda has cleared Homeland certification for Government use. Coverity, which creates automated source-code analysis tools, announced its first list of open source projects that have been certified as free of security defects and we are humbled to be on the list certified for government use.

ITがデモ環境でZmandaをテストできるようにするために、完全にライセンスされたバージョンのZmandaを14日間提供します。記入してください 無料トライアルフォーム, and our sales

Yes, Zmanda production support team is available 24 x 7 over both phone and email. You can choose our Standard or Premium level of support, made available to you with complete knowledge base access, email and phone support, case management, software enhancements and security updates. Please visit- contact support to get in touch with our support team.

開始する準備はできましたか?

最高のバックアップおよびリカバリソリューションの作成に情熱を注ぐエンジニアによって開発されました。

100万
バックアップ中のサーバー

オープン監査
アマンダを通じて利用可能な監査。