この記事は アマンダエンタープライズ(AE)

情報タイプ:一般

情報の説明:

バックアップが実行されると、AmandaはAmandaサーバーのソースポートを使用してクライアントのポート10080でクライアントと接続します。Amandaが接続する異なるクライアントはそれぞれAmandaサーバーの同じソースポートを通して実行されます。複数のバックアップセットが同時に実行され、同じクライアントが含まれている場合や、Amandaが同じクライアントへの追加の接続を必要とする場合、Amandaサーバーで追加のソースポートが開かれます。 並列バックアップ(クライアント) on Backup | howは、どのバックアップセットでも1より大きい数に設定されています。

Amandaエンタープライズがデフォルトで使用するソースポート範囲は、ポート700から710、バージョン3.5まで、バージョン3.6以降では800から840です。アマンダはすでにによって割り当てられているポート番号を使用しません IANA。これにより、バックアップが実行されている場合、Amandaサーバーに利用可能な十分なソースポートが許可されない場合、ソースポート範囲を増やすことができます。

Amandaサーバーのソースポート範囲は、以前のバージョンと同様にバックアップ|方法ページの並列バックアップ用ポートフィールドで設定できますが、範囲は amanda-security.conf。のファイル /etc/amanda-security.conf tcp_port_rangeがBackup | howページで設定された構成と一致するように変更する必要があります。