この記事は Product: アマンダエンタープライズ (AE) v. 3.1, 3.3, 3.5 and 3.6

問題の症状

3.6では:

AEEソフトウェアのアップグレードを完了するには、ここをクリックしてこの問題を解決してください。 (コード#ZDT)エラーコードは、ZDD、ZDT、ZDUのいずれかです。

3.5では:

AEEソフトウェアのアップグレードを完了するには、ここをクリックしてこの問題を解決してください。 (コード#ZDT)エラーコードは、ZDD、ZDT、ZDUのいずれかです。

3.3では:

AEEソフトウェアのアップグレードを完了するには、ここをクリックしてこの問題を解決してください。 (コード#ZDU)

3.1では

AEEソフトウェアのアップグレードを完了するには、support @ zmanda.comでZmandaカスタマーサポート(コード#ZDDZDU)に連絡してください。エラーコードは、ZDD、ZDT、ZDUのいずれかまたは両方です。
問題の説明

このメッセージとエラーコードは、ZMCが一部の構成ファイルがカスタマイズされていることを検出したため、アップグレードを完了するには、新しいインストールによって提供されるファイルとマージする必要があることを示しています。

When upgrading AE, the Amanda Enterprise installer does not overwrite the file

/ etc / zmanda / zmc / zmc_aee / zmc_user_dumptypes(3.1では/ etc / zmanda / zmc / zmc_user_dumptypes)

または

/ opt / zmanda / amanda / etc / zmanda / zmc / zmc_aee / zmc_user_dumptypes(3.1では/ opt / zmanda / amanda / etc / zmanda / zmc / zmc_user_dumptypes)

または、お客様の変更を保存するためにお客様がファイルをカスタマイズした場合は、最新バージョンのSolaris。メッセージはエラーコード#ZDUとともに表示されます。これらはお客様による編集を目的としたものではありませんが、ZMCは、

/ etc / zmanda / zmc / zmc_aee / zmc_dumptypesと/ etc / zmanda / zmc / zmc_aee / zmc_device_dumptypes(3.1では/ etc / zmanda / zmc / zmc_dumptypesと/ etc / zmanda / zmc / zmc_device_dumptypes)

または

/ opt / zmanda / amanda / etc / zmanda / zmc / zmc_aee / zmc_dumptypesと/ opt / zmanda / amanda / etc / zmanda / zmc / zmc_aee / zmc_device_dumptypes(/ opt / zmanda / amanda / etc / zmanda / zmc / zmc_dumptypesと/ opt / zmanda / amanda / etc / zmanda / zmc / zmc_device_dumptypes in 3.1)

Solarisの場合、お客様が何らかの理由でカスタマイズした場合は上書きされません。この場合、メッセージは、エラーコード#ZDDおよび#ZDTをそれぞれ発行します。

これらのファイルのいずれかがカスタマイズされている場合、上記のエラーコードが表示されます。カスタマイズされたファイルは、カスタム変更を見つけて保存するために、以前のバージョンのAEで提供されたファイルと比較する必要があります。ファイル間の違いには、以前に加えられた変更が表示されるため、これらの変更を最近のインストールのファイルに適用して、カスタマイズが失われないようにすることができます。カスタマイズが見つかった場合、新しいインストールはカスタマイズされたファイルを置き換えませんが、ファイルの最新バージョンを「.new」拡張子で保存します。

/etc/zmanda/zmc/zmc_aee/zmc_dymptypes.new、/etc/zmanda/zmc/zmc_aee/zmc_device_dymptypes.new、/etc/zmanda/zmc/zmc_aee/zmc_user_dumptypes.new
解決

さまざまなバージョンのAEに含まれている元のファイルは、このKB記事の下部にリンクされています。各添付ファイルのAEのバージョンは、最後の3桁で示されます。たとえば、ファイルzmc_user_dumptypes_332は、AE 3.3.2によって提供された元のzmc_user_dumptypesファイルです。アップグレードしたバージョンのファイルをダウンロードします。これらをバックアップサーバーの/ etc / zmanda / zmc / zmc_aee /ディレクトリ(3.1では/ etc / zmanda / zmc_aee /)に保存し、rootユーザーとして次の手順を実行します。

1. / etc / zmanda / zmc / zmc_aeeディレクトリに移動します

cd / etc / zmanda / zmc / zmc_aee

2.この記事の下部にあるファイルリンクを使用して、アップグレード元のバージョンのdumptypeファイルをダウンロードします。次に、以下のdiffコマンドを実行して、カスタマイズされたzmc_user_dumptypesファイルに加えられた変更を確認します。

例えば:

# diff zmc_user_dumptypes zmc_user_dumptypes_332 <property "TEMP-WORKING-DIR" "/ srv / backups / tmp /" #バックアップと復元の両方の一時バックアップデータ用の十分に大きなディレクトリ--->プロパティ "TEMP-WORKING-DIR" "/ tmp / amanda / "#バックアップと復元の両方の一時バックアップデータ用の十分に大きいディレクトリ

3.この例では、ユーザーがTEMP-WORKING-DIRのディレクトリを / tmp / amanda /から/ srv / backups / tmp / 以前のバージョンでは。アップグレードされたバージョンでこのカスタマイズを保持するには、新しいバージョンで提供される新しいファイルを編集します。 zmc_user_dumptypes.new、このファイルに同じ変更を加えます。

4.「古い」ファイルの名前を zmc_user_dumptypes.old、「新しい」ファイルの名前を zmc_user_dumptypes.

# mv zmc_user_dumptypes zmc_user_dumptypes.old # mv zmc_user_dumptypes.new zmc_user_dumptypes

5. ZDDコードも受け取った場合は、手順2〜4に従って、カスタマイズをzmc_dumptypesファイルにマージします。

6. ZMCサービスを ルート ユーザー:

# /etc/init.d/zmc_aee restart

7. ZMCへのZMCテストログインのログインページを再ロードします。ファイルへのカスタマイズは保持され、アップグレードを完了する必要があることに関するメッセージは、ZMCにログインするときに表示されなくなります。上記の手順を実行しても追加のヘルプが必要な場合やメッセージが表示される場合は、サポートケースを開いてください ネットワークZmanda さらなる支援のため。

付属品

添付ファイルをクリックしてダウンロードします。