テープごとに複数のバックアップイメージを書き込む方法

デフォルトでは、Amandaは物理テープごとにXNUMXつのバックアップイメージを書き込みます。 テープの使用率を向上させるために、テープごとに複数のバックアップイメージを書き込むことができます。

Amandaは、ステージング領域で特定のデータサイズに達するまで、テープの書き込みを遅らせることができます。 バックアップされたデータは、バックアップステージング領域(バックアップ|ステージング)に保存されます。 ステージング領域のバックアップイメージは復元可能であり、Amandaカタログの一部です。

この動作を生成するために、次のAmanda構成パラメーターをAmanda構成ファイルに手動で追加することができます(/ etc / amanda / /amanda.conf):

フラッシュしきい値ダンプ:Amandaは、ステージング領域のデータ量が少なくともボリュームサイズのこのパーセンテージになるまで、新しいボリュームへのデータの書き込みを開始しません。

例: フラッシュしきい値ダンプ100 これは、ステージング領域に蓄積されたデータがボリューム/テープサイズの少なくとも100%になった後でのみ、Amandaがステージング領域からテープにデータをフラッシュすることを意味します。

フラッシュしきい値-スケジュール済み:Amandaは、ステージング領域のデータと、この実行中にダンプされる残りのデータの推定量の合計が、少なくともボリュームサイズのこのパーセンテージになるまで、新しいボリュームへのデータの書き込みを開始しません。

例: フラッシュしきい値-スケジュール済み100 つまり、Amandaは、ステージング領域にあるデータと現在実行中のバックアップの推定サイズの合計(Amandaは推定フェーズでこれを計算します)が少なくともこれになった後でのみ、ステージング領域からテープにデータをフラッシュします。ボリューム/テープサイズのパーセンテージ。

テーパーフラッシュ:バックアップ実行の終了時に、実行の終了時にステージング領域にさらにデータがある場合、残りのデータをフラッシュするために、Amandaは新しいテープへの書き込みを開始します。

例: テーパーフラッシュ 100 これは、ステージング領域の残りのデータがボリューム/テープサイズのこのパーセンテージよりも大きい場合、Amandaが新しいテープを開始することを意味します。

注意:

  1. Zmanda管理コンソールはこれらのパラメータを考慮に入れていないため、 希望する保持期間 ([バックアップ] | [タイミング]ページの[詳細オプション])は、必要以上に高くなります。 十分な数のテープがローテーションされていることを確認するのはお客様の責任です。 希望する保持期間.
  2. ステージング領域は、上記のパラメーターによって課せられたしきい値を満たすのに十分な大きさである必要があります。そうでない場合、スペースが不足しているため、Amandaはしきい値を無視し、通常どおりバックアップイメージをテープに書き込みます。
  3. これらのパラメータはすべて、Amandaがステージング領域からテープにデータをフラッシュするタイミングを決定するトリガーです。
  4. If テーパーフラッシュ が「0」より大きい場合は、次の実行時にバックアップを自動的にフラッシュするための[バックアップ|ステージング]ページのチェックボックスをオンにする必要があります。
  5. これらのパラメータに関する完全な情報は、のマニュアルページにあります。 amanda.conf 構成ファイル(amanda.confのメインページを参照)。